浮気調査力のある探偵比較ガイド

調査力で選ぶ浮気調査に強い探偵社を比較

浮気調査を探偵に依頼し、浮気の証拠をつかむなら、いざ離婚裁判になった時でも勝てる証拠を確保できなければ意味がありません。当サイト「 浮気調査力のある探偵比較ガイド 」は、あなたが、裁判でも優位に立てる確かな証拠を集める探偵社に出会っていただきたいと願っています。そのお手伝いができればと思います。

 

離婚裁判で勝てる証拠を集めるには、素人では限界があり実に難しいものです。
浮気の現場を押さえ、問い詰めた状況や写真だけでは、いざ法廷で争うことになった場合、あなたの主張が十分に通らないケースも出てくる可能性があります。

 

離婚裁判勝ち慰謝料を確実に取る浮気調査の証拠集めは、プロの探偵に任せることが重要です。

 

では、どんな探偵に依頼すればよいのでしょうか?

 

残念なことに、たいした調査もせず、浮気の調査報告書を作成し提出しておしまいといったレベルの低い探偵社が存在することも事実です。

 

探偵の世界は、日頃ショッピングを楽しむお店とは違い、浮気調査や素行調査をしなければいけない場合以外、日常ではほとんど接することがありません。それゆえ、探偵社の選び方を間違ってしまい、後で、もう少ししっかり調べて探偵社を選べばよかったと後悔してしまうことも少なくありません。

 

浮気調査 探偵

依頼する探偵によって、調査力はまちまちであり、選ぶ探偵を間違ってしまうと、高額な浮気調査費用を支払ったのに、得られた浮気の証拠では、裁判に活かせないケースも出てきます。

 

探偵社によっては、浮気の調査報告書をGoogle mapから落とし込んだ写真を使い浮気現場の密会写真とともに簡易な報告書として提出したりするところもあるようです。

 

最初の調査見積もりでは調査が完全にはできず、何度も調査料金を追加請求されるケースも過去耳にしたことがあります。

 

 

探偵社のチェックポイント

 

まず、浮気調査を探偵社に頼む場合、以下の点を押さえておくことが大切です。

 

@初回の浮気相談に親身になって、あなたの立場をしっかり把握しアドバイスしてくれる
A浮気調査の具体的な項目がホームページ上でわかる
B浮気の調査実績
C社外の信頼を集めている探偵社であること
D浮気の調査後のアフターフォローにも長けていること

 

全国対応であるか、否かはケースによって異なります。ある地域特定で強みを発揮している探偵社もありますし、調査内容によっては、全国の支店支社のネットワークがしっかりしている探偵の方が、スムーズに浮気調査できることもあります。

 

まずは当サイトで人気の高い探偵社を比較検討し、あなたの求める結果が得られるかどうか、自分自身で決定できるよう気軽に相談していただきたいと思います。

 

浮気調査の事前相談は、無料です。
疑問に思うことを相談するだけではなく、探偵社スタッフの対応からここなら任せられるなと判断できればすべてをさらけ出して
浮気調査を任せてみてください。

 

事前の相談をすることで、探偵社の良し悪し、特色をつかむことができます。

 

こんな探偵社には注意が必要です。

 

@不安を煽り決断を必要以上に急がせる
Aしつこく営業をしてくる
B他の探偵社をことさら悪く言い、自社をPRしてくる
C浮気調査の金額や項目が明確でない
D安さばかりを主張してくる

 

浮気調査は、意外と費用がかさむケースが多々あります。

 

探偵の浮気調査費用の見積もり

 

探偵の浮気調査費用は、100万円以上かかる場合もあります。

 

証拠をつかむ日数によって変わりますし、移動が多ければ、交通費や宿泊費もかかる場合があります。
概ね、以下のような内訳で見積もりが出てきます。

 

@基本料金
A調査員の人件費(**円/1人×調査時間)
B調査車両代
C調査機材
D報告書作成費
E諸費用

 

離婚裁判を前提にした浮気調査の場合、相場は、70万円〜100万円、それ以上のケースになることもあります。

 

相談内容によって費用はかわりますし、いくら調査費用が安いからといって裁判で勝てる証拠でなければ、支払う意味がありません。当初の見積もりが安くても調査日数が伸びてしまいどんどん調査費用がかさんでしまい追加請求されてしまう探偵社も多々あります。

 

調査実績のある探偵社なら、カウンセリング後の見積もりどおり、約束通りの日数でほぼ調査ができるはずです。

 

浮気相手がほぼわかっているのだが?
子供がいる場合、離婚する際どうすればいいのだろうか?
裁判の前に相談できる弁護士はいるのだろうか?
・・・・など

 

最初に、疑問点や今把握していることをすべて探偵スタッフに打ち明けて
おいた方が無駄な調査もせずにすみますし、結果的に安く収まったというケースも多いです。

 

浮気の調査力で選ぶ探偵社ランキング
浮気調査実績が豊富な探偵社の人気ランキングです。

 

浮気調査 探偵 原一

会社名/株式会社原一 原一探偵事務所
住所/〒350-0826 埼玉県川越市上寺山2−1
代表取締役/大原一泰
資本金/8300万円
加盟団体/内閣総理大臣認可法人 全国調査業協同組合 会員番号NO.3015Cll 世界探偵社協会 MemberID NO.M654

 

 

調査実績41年 解決実績70,000件以上
・24時間365日無料電話相談
・全国対応(東京・千葉・神奈川・埼玉・北海道・仙台・名古屋・大阪・岡山・広島・愛媛・九州)
見積もり金額を超える追加費用なし
・諸費用も含んだ見積もり等、明快な見積もり
・テレビ番組(報道)への協力と調査解決実績
・県庁サイトへの掲載(信頼性)
・東京都弁護士協同組合特約店(証拠が取れる探偵社として推薦)
・複数人数での調査活動
・調査対象人物の顔写真撮影等、裁判でも使える証拠を取る
・調査後のアフターフォロー(弁護士の紹介、裁判での証人出廷等)
・クレジットカード決済対応

 

 

当サイトからの調査依頼・・・基本料金40,000円を50%オフ
浮気調査 探偵

 

浮気調査 探偵 新宿

社名/はやぶさ探偵社
代表/川口直毅
住所/〒160−0021 東京都新宿区歌舞伎町2-25-8
届出/東京都公安委員会第30140288号
営業/年中無休24時間

 

東京 埼玉 神奈川 千葉に特化した調査
・新宿での相談件数1位
完全後払い制(クレジットカード支払い等対応)
急な調査依頼にも対応
・経験豊富な弁護士等紹介費用も見積もりに含まれている
・証拠が取れなかった場合の結果保証制度
・明快な見積もり金額
確実な証拠を取る大手探偵社のノウハウ
・心のケアも含めたアフターフォロー
・代表 川口直毅は探偵学校講師、マスコミ取材多数

 

 

浮気調査 探偵

 

浮気調査 探偵 大阪

社名/クローバー総合調査
住所/〒530-0001 大阪市北区梅田1丁目1番3号大阪駅前第3ビル10階
代表取締役社長/永久貴生
資本金/10,000,000円
加盟団体/内閣総理大臣許可(社)日本調査業協会 加盟登録番号 第2060号 / 近畿総合調査業協会 / 大阪府知事認可 / 探偵業届出証明番号 大阪府公安委員会 届出番号 第62120301号 / NPO法人 日本家族問題相談連盟 認定

 

 

関西圏に強い。2014年度依頼件数 8,631件(関西No.1)
・見積もり後の追加経費なし
・各種クレジットカード、分割払い対応
弁護士や企業からの裁判資料、事実確認、証拠収集の依頼が多い
・他県での調査にも対応
・調査続行が不可能となった場合は、後日改めて無料にて追加調査、補償調査
・弁護士、行政書士紹介などのアフターフォローも万全
依頼者ごとの専用電話を設置(情報漏えいを回避
・依頼者様満足度No1
相談担当者が調査終了後のアフターケアまでサポート

 

 

浮気調査 探偵

 

 

 

 

◆浮気調査コラム
浮気と不倫の違い
浮気と不倫の違いはどこにあるのでしょう。これは一見するとわかりにくいものです。浮気も不倫も同じような意味合いがあるので、混同して使うことがよくあります。
一般的に浮気というのは、本命の恋人と交際関係を持ちながらも、本命の恋人に無断で他の異性とも交際する行為をさします。一方、不倫というのは、配偶者がいながら配偶者以外の異性と体の関係をもつ行為を指します。
不倫と浮気の違いは、結婚が1つのキーワードになりそうです。互いが結婚しているもの同士でれば、ダブル不倫とよく言います。ただ、浮気の定義づけが難しいのでやっかいです。不倫は、配偶者以外の異性と体の関係を持つので定義しやすいのですが、浮気の場合、明確な定義がありません。浮気は、それぞれが持つ感覚次第ということになります。
どこまでが浮気というのは、人によって境界線が違い、範囲が広いです。そう言う意味では、浮気の中に不倫が含まれているとも考えられます。浮気と不倫の違いは、結婚しているか否かが前提になりますが、どちらかが結婚している場合の浮気で、肉体関係があれば不倫になります。妻や夫が他の異性と食事したり、キスをした程度の場合、不倫にはならず、単なる浮気と判断することになります。

 

 

夫の浮気を見破るコツ
夫の浮気を見破るコツは、まずよく夫の行動を観察することです。
帰宅宅時間と泊りがけの出張や休日出勤については要注意です。
浮気すると相手と過ごす時間を増やそうとするので、毎日の帰宅時間が遅くなりがちになります。
また、泊りがけの出張や休日出勤の回数が急に増え始めると、浮気をしている可能性大です。
休日出勤や時間外労働時間数が増えていたら要注意で、その辺は給与明細でチェックしてみることです。
夫の浮気を見破るには、服装や持ち物もポイントになります。
恋人ができると、自然と身だしなみを整え、オシャレに気をつけるようになるからです。
相手からもらった服や装飾品を身につけている場合もよくあるので、さりげなくチェックしましょう。
夫の浮気を見破るには、車をチェックするのがわかりやすいです。
車は人目をはばかる不倫デートの移動手段として最もよく用いるからです。
車の走行距離のメーターが急に増えている場合、どこかに浮気相手とドライブに行っている可能性が高いです。
トランクの中に何か内緒のものを隠し持っている可能性もあるので、定期的に車の掃除と称して、車内をチェックすると効果的です。

 

自分でできる?浮気調査
浮気調査というのは、やろうと思えば自分でもできます。
浮気をするとそれなりに態度に現れます。家の中で肌身離さず携帯電話を持っていたり、一緒に居る時にかかってきた電話に出ない時は、浮気している可能性があります。
また、携帯電話を2台所有するようになったり、ロックをかけるようになった時は怪しいです。
身だしなみ関連では、服装が派手になったり、お洒落になったりすると浮気している可能性が高く、女性で言えば、高価な下着や派手な下着を着用するようになった時には要注意です。
このようにちょっとした態度、行動を見るだけでも、自分で浮気調査はできます。
パソコンの証拠もあります。夫や妻の浮気を見破るためには、パソコンは重要な手掛かりになります。
浮気をする人は、インターネットで様々な情報を探しています。
相手女性に贈るプレゼントや、デートのために使うレストラン、一緒に泊まるホテルの情報などを、パソコンを使ってネット検索している可能性が高いです。パソコンには、ネットでどんなサイトを見ていたかの記録残っています。
パソコン検索の内容は意外と無防備なので、検索窓の履歴を見るだけでも、浮気調査ができます。
但し、証拠をつかんだからと言って、それを裁判で勝てるように整理整頓するのは個人ではなかなかできないのが現状です。

 

 

浮気調査 不倫調査・いくらかかる?
浮気調査・不倫調査というのは、いくらかかるものなのでしょう。
浮気調査 不倫調査の費用というのは、各探偵社によって違うので、見せかけの料金表示に騙されないようにしないといけません。探偵社に浮気調査 不倫調査を依頼しようと思っても、調査料金がいくらになるかわからないと不安です。まず明瞭な調査料金設定のところをチョイスしないといけません。そうしたところの浮気調査 不倫調査であれば、調査基本料金は大体2~4万円くらいです。これには、調査報告書作成費用や事前調査、調査前後の法的アドバイスやカウンセリングなどを含みます。そして、それにプラスして調査料金が発生するのですが、これが大体1時間1万円くらいです。1日3時間くらいから出動してくれ、調査内容や調査日数に応じて割引してくれます。予算に合わせて1日の調査料金の上限金額をあらかじめ設定してくれます。浮気調査 不倫調査の費用は、1時間当たり1万円位×調査員数×調査時間×日数でそれに経費がかかるとうのが通常です。調査の期間が長くなると割引料金が適用され、1日当たりの単価が下がる探偵社が多いようです。

 

 

夫の不倫・浮気の慰謝料はどれくらい取れるか
夫の不倫で浮気の慰謝料はどれくらい取れるのでしょう。
この場合、妥当な慰謝料の金額というのは、それぞれの事情によって変わってきます。
婚姻期間が短く子どもがいない場合と、結婚してから長く子どもが2人いる場合では、慰謝料の金額は大きく変わってきます。
例えば、婚姻期間が短い場合は、大体100〜200万円くらいで、長くなると500〜800万円ぐらいになるケースが多いです。
もちろん、夫の収入によっても変わってきます。
夫の不倫が原因で夫婦関係が壊れたけど、妻にも一定の責任を認めたケースでは、慰謝料200万円と言うのが多いです。
妻が不倫をしておきながら夫に離婚を求めたケースでも同様です。
夫が他の女性と不倫していて、同棲しておきながら妻に離婚を求めたケースでは、慰謝料1500万円という判例もあります。
婚姻期間が長く、その間、夫が数人の女性と不倫していたケースでは、慰謝料300万円というものがあり、
夫がいくつも不倫をした上に、妻に暴力もふるっていたケースでは、慰謝料が高額になり、1000万円という判例が出たケースもあります。
夫が不倫した場合、不倫相手に対する請求もできますが、不倫相手の女性の責任がそれほど重くない場合、取れる慰謝料は50万円程度です。不倫や浮気のケースによって異なりますので、まずは探偵の電話相談をうまく活用することから始めてみましょう。

 

 

浮気の証拠としての裏付けの集め方
浮気の証拠としての裏付けの集め方は、色々ありますが、できるだけ具体性のある物が好ましいです。一番良いのは、写真やビデオです。これは浮気の証拠として一番優れていると言ってもいいでしょう。但し、配偶者が異性の愛人と一緒に何度もラブホテルに出入りしている映像があっても、肉体関係を推認できる証拠にしかなりません。
それでは、肉体関係があったと立証するには不十分なのです。また、デジタルカメラで撮られた写真は、画像の操作が簡単にできるので、状況証拠としてしか認められない場合があります。ただそれでも証拠が無いよりはましで、写真に年月日時分が入っていて、連続性があれば、浮気の証拠として認められるケースもあります。浮気の証拠の裏付けの集め方としては、録音テープも有効です。夫婦の会話の中で、配偶者が不貞の事実を認めるような言葉を発した場合、それをアナログテープに録音すると証拠になります。電子メールも有効で、配偶者と異性がメールのやり取りをして交際していたという事実の証拠になります。証拠力としては状況証拠にしかなりませんが、裏付けにはなります。
このような浮気の証拠としての裏付けは、個人で集めるには限界があります。ましてや、裁判でも使える証拠を集めるためにはやはりプロの探偵に浮気調査を依頼したほうが間違いないと言えましょう。

 

 

浮気調査・失敗しない探偵の選び方
浮気調査で失敗しない探偵の選び方は、とても大事で、選び方を間違えると浮気調査が失敗に終わることもあります。
できるだけスキルの高い探偵を選ぶためには、口コミサイトを活用するのは必至です。浮気調査をする探偵は沢山ありますが、口コミサイトには、様々な情報が載っています。利用した人の口コミを参考にすると、探偵を選ぶ場合にとても役だちます。
人気が高くて評価の高い探偵を選べば、満足できる浮気調査をしてくれるでしょう。
ただ、口コミサイトの情報が全て信用できるとは限らないので注意は必要です。いずれにせよ、浮気調査で失敗しないためには、スキルの高い探偵を選ばなければなりません。費用面での考慮も大事なので、色々と探偵社を比較するために、一括見積もりを利用するとよいでしょう。探偵に浮気調査を依頼する場合、会社の大きさより親身に調査してくれるところがおすすめです。しかし、親身になってくれて規模が大きければなお良いです。全国に組織化されている探偵社なら信頼できます。組織化されているところなら、指令本部があって指示を出すので、浮気調査がスムーズに進みやすいです。